九州の日帰りツアー・旅行専門 ポケカル九州

TOUR CONDUCTOR BLOGポケカル九州 添乗員ブログ

2018年11月19日 添乗員になるためには・・・・

みなさんこんにちわ。僕です。

このブログも段々と浸透してきたのではないでしょうか。

さて、今回は添乗員はどうやったらなれるのでしょうかという事をテーマにお話をしたいと思います。

まず、添乗員の資格は「旅程管理主任者」という資格でこれが無いと一人で添乗員をする事が出来ません。

逆に免許を持っている人が一人いればサブ添乗員として業務は出来ますが、

お手伝いレベルにしか出来ません。

旅行業法では「旅行会社の企画旅行に同行して旅程管理業務をおこなう者」と定められており

旅行会社のパッケージツアーや団体旅行に同行し、計画に従ってツアーが安全かつ円滑に施行されるように交通機関や各種施設との調整や対応を行って行程を管理するとともに、ツアー客に対する説明や窓口役となる業務を行う者のことであります。

さてそんな添乗員になるには、さてどうしたらいいのか・・・

まず添乗員は法令により、18歳以上と定められており、旅程管理を行う者のうち主任の者(複数の添乗員がいる場合のチーフ添乗員という意味。

添乗員が一人しかいない場合は当然その人)は国土交通大臣に登録された研修機関(日本旅行業協会、全国旅行業協会、日本添乗サービス協

会、など)の行う旅程管理研修を修了し、かつ所定の添乗実務経験を有した者でなくてはならない(旅行業法第12条の11)。これを旅程管理主任者

資格といい、国内旅行のみに添乗可能な国内旅程管理主任者資格と海外旅行・国内旅行の両方に添乗可能な総合旅程管理主任者資格とがあ

る。誰でも国家試験に合格すればすぐに資格を取得できる旅行業務取扱管理者資格と違い、研修修了や実務経験が資格取得の条件となっている

ことが特徴である。旅行業務取扱管理者資格がなくても旅行業に従事することはできるが(実際に資格を所持していない旅行会社社員は多い)、旅

程管理主任者資格がなければ一人で添乗業務に従事することはできない。

まぁ簡単にいえば、大手旅行会社がグループ傘下にある添乗員派遣会社または、大手添乗員派遣会社に登録して、

研修を受けて、試験に合格し、同乗研修と呼ばれる先輩とのOJTをこなせば晴れて一人立ちという事です。

若しくは、トラベル学科など旅行系の学部がある大学や専門学校に入学し、資格を取得し、実務研修を受けるパターンです。

ちなみに僕は同乗研修は北海道一周でした・・・。同期は日帰りや、1泊2日のコースだったのに僕だけ3泊4日でした・・・。しかも、同乗者は講師

の先生・・・。めっちゃ怖くめっちゃ怒られた思い出しか残っていません。

ポケカル九州では、添乗員も出来て、企画も出来る素晴らしい仕事が待ってます。

我こそはという方は是非お問い合わせください